ファンダメンタルズが重要

為替相場は様々な要因にて変動しますが、基本的には二国間(通貨ペア)のファンダメンタルズを通じて決まります。
ファンダメンタルズはその国の経済基盤の強さを示す言葉ですが各種経済指標の集大成のようなものです。
例えば景気に関して検討します。景気が良いという資金が入り込み、資金が集まるって株価がのぼり、景気の好循環が始まり、投資も活発化してきます。その国に投資するためにはその国の通貨が必要になるので通貨も高くなるというわけです。
金利面で考えると、二国間の金利差が開くとより金利の厳しい通貨に資金が移動します、これが金利のおっきい通貨が買い求める要因です。
物価については、通貨を弱める方向に働きます。例えば、おんなじものを貰うのに物価が上がると通貨をたくさん出さないと買えなくなります。
これはその通貨の購買力が下がると言うことだ。購買力が下がる通貨は売られ易くなります。
二国間の為替が今後どの方向にはたらくかを考えるとき、まず基本は二国間のファンダメンタルズを比較検討することです。特に景気、物価、金利を比較検討して下さい。

素人が出来るテクニカル分析

ファンダメンタルズが重要