日本の長期金利動向を考える

7月14日に日銀がそれまでの無利息を解除し、短期金利誘導目標を引き揚げました。
それまでに、既に市場は無利息解除はほど近いって指し、長期金利は数ヶ月前から徐々に上がっていました。
実に、7月に日銀が無利息を解除するという、今度は市場の注目は、年内に再度の利上げが実施されるかどうかに移っていました。

さて、最近の長期金利動向を見てみると、あまり顕著な上昇を示していません。長期金利が上がらない要因は色々考えられます
たとえば

利上げ期待の減退
国債発行の抑制
経済バランスの好転
通貨政策
等が考えられます。
特に、市場は一時しのぎには再利上げは無いものって読んでいるのでしょう。CPIなどの数字を見ても落ち着いた状況が染み渡るので、早急な利上げは見送られると思われます。
最近の、円安傾向はこういう利上げ期待の減少も一つの要因と考えられます。

投資のメリットとは

日本の長期金利動向を考える