FXの特徴

1998年の改正外為法によりそれまでユーザーが限定されていた為替取引が個人も自由に行う事が出来るようになり、新規外貨商品として「外国為替敷金取引」(FX)が誕生しました。
入金の仕組みによるこういう外国為替入金取引は、より効率的な資産運用を考えらて要る人にとりまして魅力生じる外貨投資として注目されています。

FXと他の外貨建て商品との違いは
売買代金(取引コスト)
   (取引会社によりレバレッジ倍率は異なります)
   
●売買代金
外貨預金であれば、1(米)ドル=110円であった場合、1万ドルの取引をするには110万円が必要となりますが、敷金取引では数分の一から数十分の1の資金で外国為替の売買取引が可能です。

●必要コスト
外国為替敷金取引は他の外貨建て商品に対して手数料が割安です。
FXは手数料がお得

●円高、円安とも利益可能
例えば、米ドル/日本円の通貨取引ではドルが高くなるって思えば「ドル買い/円売り」。ドルが安くなるって思えば「ドル売り/円買い」といった、為替がどちらに動いても利益を得ることが可能です。
円高も、円安も勝てる!!

●スワップポイントで利益
金利が異なる通貨ペアを売買する事により2国間の金利差から算出された額の受払いが発生します。「高金利通貨買い/低金利通貨売り」でスワップポイントの取り。
反対に「高金利通貨売り/低金利通貨買い」でスワップポイントの支払いとなります。

キャッシングを手軽に考えると破産

FXの特徴